機密文書のFAQ

機密文書の処理方法について

機密文書の様々な処理方法、そのメリット・デメリットとは?

  • 機密文書の処理方法には色々ありますが、それぞれ、
  • 1.セキュリティ(紛失・盗難などの危険性はないか)
  • 2.リサイクル(再生可能か)
  • 3.(手間のかかる作業か、処理までの労力はどのくらいか)
  • 4.(排出から処理までどれくらい時間がかかるか)
  • を基に比較します。
  • これらの項目がバランスよく、高い評価の処理方法を実践することが重要です。

機密文書のいろいろな処理方法

オフィスシュレッダー

直接、お客様がオフィス用シュレッダーで裁断する

メリット ・セキュリティが一番高い デメリット
  • ・量がい多いと作業が大変、清掃が大変
  • ・紙片の大きさと回収コストの問題により、
    リサイクルルートに乗りにくい
  • ・kgあたりのコストが実は一番高い
    (人件費、ゴミ袋代、電気代)
セキュリティの高さ 処理までの時間の短さ リサイクルへの貢献度 事務効率の良さ

焼却処分

直接、焼却工場へ搬入して焼却する

メリット ・文書の量が多い場合でも迅速に処理が可能 デメリット
  • ・運送時の紛失、ご配送、盗難危険性がある
  • ・作業中の事故の危険性がある
  • ・排出~搬入~処理まで立ち会わなければならない
  • ・再生不可能
  • ・CO2やダイオキシンの発生が問題視される
セキュリティの高さ 処理までの時間の短さ リサイクルへの貢献度 事務効率の良さ

直接溶解

直接、焼却工場へ搬入して焼却する
お客様から機密文書の入った専用ボックスを回収し、製紙会社へ搬入・溶解する

メリット ・段ボール箱のまま処理が可能 デメリット
  • ・運送時の紛失、ご配送、盗難危険性がある
  • ・発生から処理までのリードタイムの長さ
  • ・製紙会社の受入体制に左右され、
     タイムリーに処理できない
  • ・再生品は板紙などに限定される場合もある
セキュリティの高さ 処理までの時間の短さ リサイクルへの貢献度 事務効率の良さ
機密文書裁断サービスを利用すれば...

出張裁断

大型シュレッダー搭載車輌(お客様の元へ出向き裁断する)

メリット ・お客様の目の前で処理 ・排出から処理までのリードタイムが短い ・運送時の紛失、誤配送、盗難などの危険性がない ・トイレットペーパー以上の品質に再生可能
セキュリティの高さ 処理までの時間の短さ リサイクルへの貢献度 事務効率の良さ

持込裁断

大型システムシュレッダー完備(お客様が直接搬入し裁断する)

メリット ・お客様の自己管理において搬入
(運搬コストを節約できる)
・セキュリティが万全なセンター内で処理 ・少量のご依頼も受け付け可能 ・トイレットペーパー以上の品質に再生可能
セキュリティの高さ 処理までの時間の短さ リサイクルへの貢献度 事務効率の良さ

引取り裁断

お客様から機密文書を引き取って裁断する

メリット ・排出時の立合いのみで労力が少ない ・セキュリティが万全なセンター内で処理 ・トイレットペーパー以上の品質に再生可能
セキュリティの高さ 処理までの時間の短さ リサイクルへの貢献度 事務効率の良さ